古建築見学研修旅行

古建築見学研修旅行

主として2年生を対象に、日本建築史A・Bの授業と並行して、歴史的建造物、集落、遺跡、関連する研究機関等を実地に見学します。
歴史的建造物等の存在密度から奈良・京都・伊勢等の地域が中心となりますが、その周辺部およびその他の地域も含まれます。
指導には担当授業の講師を中心に専任教員が当たります。
実施時期は年度末(2~3月中)とし、3泊程度の見学研修旅行としています。
現地で撮影した写真・スケッチを提出し、コンテストを後日開催します。

日帰りの見学会も年2回程度、希望により実施されています。(鎌倉、上野、東村山等の古刹)

年度 見学場所 引率教員
2010 京都(京都御所、醍醐寺、大徳寺、他) 国広、南、原、河津
2011 奈良(東大寺、法隆寺、橘寺、岡寺、飛鳥寺、他) 南、河津
2012 京都(日吉大社、延暦寺、伏見稲荷大社、他) 南、原、河津
2013 奈良(法隆寺、当麻寺、東大寺、栄山寺、他) 河津
2014 岡山(閑谷学校、吉備津神社、倉敷、中山神社、他) 国広、河津
2015 京都(賀茂別雷神社、石清水八幡宮、吉田神社、他) 南、河津
2016 奈良(東大寺、室生寺、法隆寺、他) 国広、河津
2017 京都・兵庫・滋賀(賀茂別雷神社、浄土寺、石山寺、他) 国広、南、河津

(建築学科開設時から実施。)
古建築見学研修旅行に当たっては、参加学生の自主的な活動により、見学地・スケジュールの立案、研修のための資料の作成等が行なわれています。