卒業論文梗概テンプレート

2020年度の卒業論文梗概テンプレート(Word)です。

卒業研究_template2020
※2020.10.06 17:05 差し替えました。差替え内容は、1ページ目下部のフッターの罫線の位置です(右端まで伸ばしました)。

このテンプレートは、卒業論文用で4枚になっています。
建築・都市デザインコースの小論文梗概は2枚ですので、
最初の1ページ目と最後の4ページ目を使って、2枚にしてください。

建築・都市デザインコースの小論文について。
提出物は2種類です。それぞれ提出先等異なるので、指導教員の指示に従ってください。

・提出物:梗概データ(pdf)
・提出締切り:2020年10月12日(月)15時
・提出先:梗概データは教務助手 山下まで(アドレスは、以前にやり取りしているはずです)。

・提出物:梗概(A4サイズ×2枚)
・提出締切り:指導教員の指示。
・提出先:指導教員の指示。

発表:2020年10月16日(金)13時から。
提出物:小論文本論(A4サイズ×50枚以上。ファイリングしたもの。)
発表の前にプレゼンデータを大学所有のパソコンに入れたい学生は、早めに来て動作確認をしてください。
自分のパソコンを使う学生も、プロジェクターとの相性等動作確認をしてください。
場所:MCH地下1階製図室(予定)
備考:対面で行う予定です。

「関西デザイン学生シンポジウム&作品展2020」に3年生が参加

「関西デザイン学生シンポジウム&作品展2020」に建築学系の3年生が参加します。

名称:関西デザイン学生シンポジウム&作品展2020「持続可能なデザイン」
日程:2020年10月10日(土)14:00~17:00
会場:オンライン発表形式シンポジウム& IHPC 特設スペース(ATC)

<本学参加者>
国士舘大学理工学部建築学系
近藤美月(位田ゼミ)、武田夏音(位田ゼミ)、宮野和花菜(南ゼミ)

「高校生建築アイデアコンテスト2020」審査結果報告

2020年度国士舘大学 高校生建築アイデアコンテストへの多数のご応募、ありがとうございました。
回数を重ねてきた本アイデアコンテストも11回を数えるまでになりましたが、今年度においての出展作品は55点と今までで最大となりました。
また作品自体の質も高く、採点においては例年になく難航し、個々の先生方の採点のみでは優劣がつけがたかったため、最終審査会を開催し、以下の賞を決定致しました。


なお、授賞式については、新型コロナウイルス感染症における感染予防のため中止とさせていただきます。(予定されていたオープンキャンパスも中止)
入賞された皆様には、賞状と賞金の振込口座指定用紙・返信用封筒を、高校の先生あてに郵送いたしますので、お受け取り下さい。詳細については、同封致します案内をご参照願います。

参加いただいた方全員の今後のご活躍とご健勝をお祈り致します。
ありがとうございました。

「Super Jury45(学生優秀作品講評会)」を開催しました

Super Jury45(学生優秀作品講評会)」を開催しました。

開催日:2020年8月8日(土)13:00~17:00
対象作品:学部2年生「設計スタジオⅠa」、3年生「設計スタジオⅢ」
会場:オンラインビデオツール(Zoom)

「設計スタジオⅠa」
課題テーマ:「公園のとなりの家」の設計
K設計「光の入る屋根の家」


S設計「発展する教室」


M設計「つながる家」

 

「設計スタジオⅢ」
課題テーマ:「災害に対応できる地区センター」の設計

H設計「巻き上げる」

M設計「繋がる空間」

O設計「一人のための地区センター」

M設計「人と人の間にカベをつくらない開放的な地区センター」

 

ゲスト建築家:

前田圭介(UID)
平成27年3月 北海道大学 工学部 卒業.
平成29年3月 北海道大学大学院 情報科学研究科 修士課程 修了.
平成29年4月 北海道大学大学院 情報科学研究科 博士後期課程 入学.
平成31年3月 北海道大学大学院 情報科学研究科 博士後期課程 卒業(在学期間短縮).
〜現在 日本学術振興会 特別研究員 (PD).
IEEE, 電子情報通信学会会員

山本想太郎(山本想太郎設計アトリエ)
1982年私立芝中学校 卒業
1985年私立芝高等学校 卒業
1989年早稲田大学理工学部建築学科 卒業
1991年早稲田大学理工学研究科修士課程建設工学(建築)専攻 修了
1991-2003年(株) 坂倉建築研究所 勤務
2004年-一級建築士事務所 山本想太郎設計アトリエ 主宰.(東京都知事登録第51483号)
2005-2009年『Detail Japan』誌、技術翻訳総監修
2006年-東洋大学 非常勤講師
2007年-日本建築学会 情報設計委員会 委員
2008-2017年明治大学 兼任講師
2011年-工学院大学 非常勤講師
2013年-日本建築家協会 デザイン部会長
2015年-芝浦工業大学 非常勤講師

入江徹(琉球大学准教授)
2006年 – 2013年   京都府立大学共同研究員
2007年09月 – 2017年03月   琉球大学 工学部環境建設工学科 建築コース 准教授
2017年04月 – 継続中   琉球大学 工学部工学科 建築学コース 准教授

村上心さん(椙山女学園大学教授)
1985年 – 東京大学工学部建築学科卒業
1992年 – 同大学院工学系研究科博士課程単位取得満期退学
1997年 – 蘭・デルフト工科大学OBOM研究所客員研究員
1999年 – 椙山女学園大学生活科学部助教授
2007年 – 椙山女学園大学生活科学部准教授
2008年 – 椙山女学園大学生活科学部教授

伊藤潤一さん(千葉大学助教授)
1971年 北海道生まれ
1996年 工学院大学卒業
1999年 東京藝術大学大学院修了 美術(修士)
1999年 Cesar Pelli & Associates Japan 入所
2002年 伊藤潤一建築都市設計事務所 設立
2008年 東京大学大学院博士課程 単位取得満期退学
2017年 博士(工学)東京大学

藤堂高直(DPアーキテクト)
1983年、東京生まれ。中高一貫の全寮制中学に入学するが、高校からイギリスに留学。現地の語学学校時代にディスレクシアと診断される。ケンブリッジ・アート・アンド・サイエンシズ(高校)を経て、世界最古の建築専門大学AAスクールで学び、卒業後は建築家としてのキャリアを積み重ねている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

岩本昌樹(PLANTEC GROUP)
1976 年東京都生まれ
2002 年東京大学大学院修士課程修了
2011 年博士課程単位取得退学隈研吾 建築都市設計事務所、Architects 49 を経る
2006 年バンコクにて On Ground 設立
2012 年より PLANTEC GROUP (THAILAND)代表 タイ王立建築家協会国際委員

横河健(横河設計工房)
1970年 ワシントン州立大学交換留学生
1972年 日本大学芸術学部卒業
1972-1976年 黒川雅之建築設計事務所勤務
1976年 建築事務所クレヨン&アソシエイツ設立
1982年 横河設計工房設立
2001-2013年 日本大学芸術学部兼担講師
2001-2003年 日本大学研究所教授
2003-2013年 日本大学理工学部建築学科教授
2004-2006年 JIA日本建築家協会副会長
2008-2009年 日本建築学会代議員
2009-2011年 東京大学大学院非常勤講師
2014-2015年 日本大学理工学部建築学科特任教授
2016年~ 武蔵野美術大学建築学科客員教授

※「Super Jury」とは、設計の授業で製作された作品のうち、優秀者の作品について学外から建築家のゲストを招いて講評していただく設計講評会です。

2020年度卒業研究について

卒業研究履修者各位

卒業研究に関しては、新型コロナウィルス感染症のため、計画通りの実施が難しくなっています。
現時点で以下のように決定していますので、担当教員からの情報と共に参考にして下さい。
なお、この日程表の最後の方に、”卒業研究梗概テンプレート兼作成要領”と、インターネット情報の引用の仕方を記載しています。
参考にして下さい。

○建築・都市デザインコース(卒業論文部門)
1) 中間発表:7/10(金) 9時30分~ なお、概要書の提出は求められていません。
2) コース内最終発表:10月予定 詳細については、追って掲載予定。
○建築・都市デザインコース(卒業計画部門)
1) 中間提出:10月16日 / 持参物:発表レジュメ、プレゼンデータ
2) 最終提出:1月13日 / 提出物:梗概
3) コース内発表:1月15日 / 持参物:プレゼンデータ
4) 全体発表は、他のコースに準ずる。

○建築総合技術・サステナブルコース
○建築福祉・医療コース
1) 中間提出・発表
提出:2020年7月27日(月)16時締切。 / 提出物:梗概A4(1~2枚)PDF
提出方法:研究室の指導教員が所属学生分すべてをまとめてPDFにて提出
発表:なし
2) 第2回卒業研究の中間提出・発表
提出:2020年11月30日(月)MCH-B1F準備室に14時~16時まで。
提出物:梗概A4サイズ×2枚ないし4枚と梗概PDFデータ。
発表:2020年12月5日(土)時間と場所は、別途指示。
持参物:本論とプレゼンデータ。(事前に用意できる場合は、MCH-B1F準備室のPCに保存しておくこと。)

3) 卒業研究 最終提出・発表
提出:2021年1月18日(月)MCH-B1F準備室に14時~16時まで。
論文の本論と梗概(A4サイズ×2枚ないし4枚とPDFデータ)。
学系内最終発表:2021年1月23日(土)時間と場所は、別途指示。
持参物:本論とプレゼンデータ。

卒業研究梗概テンプレート兼作成要領

注)インターネットに記載されている記事やグラフを引用するときには、
「サイトのURL」と共に、「サイトの名前や記事のページ」と「引用日」を記載して下さい。
時間が経過しホームページが閉鎖されたり書き換えられた場合、情報にアクセスできないとか、引用データが異なっている可能性があります。
引用日は必ず記載していつ時点の情報かを明確にする必要があります。

7月以降の授業について

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除され、都内における感染経路が不明な感染者が減少していることを受け、本学では7月から実習、実験、演習の一部科目につき、対面授業の再開が検討されています。

建築学系では以下の科目で対面授業の実施申請を行っています。現在大学の方に申請中ですが、決まり次第対象科目のmanaba、学系HPにて連絡いたします。
なお、これ以外の科目は7月以降についても対面授業を開始できる見通しは現在ついておりません。

対面授業検討科目
・建築基礎演習
・デザインの表現A
・設計スタジオⅠa
・設計スタジオⅢ
・建築環境工学実験
・ゼミナールA
・卒業研究
・修士研究

授業掲示板

授業に関する質問などを受け付ける「授業掲示板」を作成しました。
以下の項目に該当する場合にはこちらにコメントを残してください。
・非常勤講師の先生の授業に対する質問
manabaの掲示板やメールで科目担当教員に質問したものの回答が無い場合
・実験や実習の進め方や提出方法に関する質問
・授業資料や映像が閲覧できない場合

【注意事項】
・コメント投稿時の名前については実名・匿名どちらでも構いません。
・メールアドレスは大学から支給されている@kokushikan.ac.jpを使用してください。アドレスは公開されることはありません。
・質問は明確に書いてください。質問内容が不明瞭な場合はコメント投稿時に記入したメールに問い合わせる場合もあります。
・簡単な質問に関しましては職員の方で回答いたします。職員では回答できない質問や成績に関する問い合わせについては担当者に引き継ぎます。
・質問を受けてから回答をするまでに時間を要する場合があります。

南教授が換気シミュレーション・プロジェクトに参画しています

南泰裕教授が神戸商工会議所からの委託を受け、同所が主催する「換気シミュレーション・プロジェクト」に学識経験者として参加し、新型コロナウイルス対策への建築的提案を行っています。
また、同研究室に所属する尾崎賢さん、田嶋海一さん、林大雅さん、古川直也さん、山口尚哉さんがプロジェクトメンバーとして活動しています。

【本学HP掲載記事】
https://www.kokushikan.ac.jp/faculty/SE/news/details_14821.html

【神戸換気シミュレーションプロジェクト】
https://kobe-bizmatch.jp/exsupport/vpro/

高校生建築アイデアコンテスト2020のお知らせ

高校生建築アイデアコンテスト2020についてご案内致します。

本年度のタイトルは、「植物と共存する家」です。

高校生建築アイデアコンテスト2020 コンテスト概要及び詳細(pdf)

高校生建築アイデアコンテスト2020 エントリーシート(作品送付時同梱)(pdf)

当コンテストのご案内を、これまでにご応募いただいた各高等学校 / 理工学部建築学系の指定校 / 建築関連コースを持つ工業高校宛に発送致します。発送は6月上旬を予定しておりますが、社会情勢により前後する可能性があることを予めご了承ください。

当コンテストに関するお問い合わせは、高校生建築アイデアコンテスト事務局(compe〇kokushikan-arch.net 〇を@に変えてください。)にお願いします。

教科書について

学生の皆さんへ

授業で使用する教科書は、教科書販売を委託している成文堂の特設サイトでオンライン販売します。5/14から特設サイトで受注を開始する予定ですので、大学HPやmanabaから発信される情報に注意してください。

初回の授業は、教科書が手元に届かない状況で授業が行われます。オンライン授業の進め方は、教科ごとに異なります。初回の授業の進め方や準備するものなどの連絡が、manabaや担当教員からのメール等で行われます。

必ず1日1回は、manabaと自分の*@kokushikan.ac.jpへの受信メールを確認してください。