「スイス・イタリア建築研修旅行」説明会

「スイス・イタリア建築研修旅行」参加者へ。
説明会が下記日程で行われます。

日時:2018年2月7日(水) 13:30~
場所:MCH-B1F建築スタジオ

説明会の後、幹事会を行います。
参加できない学生は、国広先生(または5号館1階建築教務)へ報告してください。

「スイス・イタリア建築研修旅行」説明会

「スイス・イタリア建築研修旅行」参加者へ。
説明会が下記日程で行われます。

日時:2017年12月20日(水) 16:30~1時間程度
場所:MCH-B1F建築スタジオ

授業等で参加できない学生は、国広先生(または5号館1階建築教務)へ報告してください。

建築学系主催「スイス・イタリア建築研修旅行」参加者募集

2018年3月に建築学系主催の海外建築見学研修旅行を開催します。
参加を希望する学生は、申し出てください。

「スイス・イタリア建築研修旅行」
期間:2018年3月4日(日)~3月17日(土)14日間
日程:3月4日夜に成田空港発
チューリッヒ、バーゼル、リーヘン、ベルン、ミラノ、
ヴィチェンツァ、フィレンツェ、ローマを経て
3月17日夕に成田空港着
宿泊:機内2泊、チューリッヒ1泊、バーゼル2泊、ベルン1泊
ミラノ2泊、ヴェネツィア・メストレ2泊、
フィレンツェ1泊、ローマ2泊
食事:機内4回、朝食11回
航空会社:エミレーツ航空(予定)
添乗員:成田空港から成田空港まで同行(予定)

予定旅行代金:約36万円~33万円(参加人数や見学内容によって変更有り。別途、空港施設使用料等。)

募集人員:30名 最少催行人員20名
※先着順です。
1年生から修士2年まで参加できます。
教員2名が参加予定です。

申込方法:7月31日(月)国広研究室5号館1階授業支援課内建築教務まで。

※参加決定後は、説明会に必ず出席すること。
スケジュールや申込方法等の詳細は、7号館1階やMCH-B1Fの掲示板へ。

2015年度 建築学系フランス・スペイン建築研修旅行 参加予定者説明会開催

建築学系フランス・スペイン建築研修旅行の参加予定者説明会を下記日程で行います。
旅行に参加する学生は必ず出席してください。

2015年10月1日(木)16:30~
MCH地下1階の建築スタジオ

内容は、旅行日程等の概要説明と申込書類の配布など。

当日都合の悪い学生は、国広先生または技術職員室(5号館1階)まで連絡すること。

2015年度、建築学系フランス・スペイン建築研修旅行のお知らせ

理工学部建築学系で、フランス・スペイン建築研修旅行を開催致します。

研修予定は、2016年3月7日からの9泊10日を予定しており、見学場所は、サヴォア邸やグッゲンハイム美術館、サグラダファミリアなど。

これらの説明会を、

第1回2015年4月22日(水)、5限

第2回2015年4月23日(木)、5限

場所はいずれも、MCH-B1、建築スタジオ。

参加希望者は、いずれかに必ず出席して下さい。

リトルワールド/明治村研修の報告

10月20日(土)~21日(日)
建築学系学生17名と、リトルワールド、明治村の研修に行って参りました。

リトルワールド内唯一の3人以上集合写真です。ハイ。
入口脇、集合写真撮影場所近辺。
全体集合写真を撮ろうか、思案中。
夕方、宿舎に到着してから、夕食までの間に犬山城に見学に行った学生たち。
開門時間を過ぎていたため、針綱神社展望台にて。
写真は、学生さん提供。
明治村、集合写真。

あれっ、一人足りない。

大井肉店前。
「ここでお昼を食べたい人は、予約が必要!」
の解説。
聖ヨハネ教会堂。
この後内部で、構造のお話し。
アーチが、フライイング・バットレスが...
閑話休題。
リトルワールドでは、学生が散らばってたのに、
ここ明治村では、時々、申し合わせたように大集合。
ここ、北里研究所本館では、...
フランク・ロイド・ライト設計の帝国ホテル。
内部では、ボランティアの解説者にくっついて、
様々なプチ情報をゲット。
この椅子は、ライト本人の手になるもので、2脚○○万円...など。
建築模型。白一色。この尺度でこのスケール感。
堪能致しました。
疲れ切って、休憩中。
集合時間前に全員バスに乗車して待機。
引率者がバスに乗車、即出発と相成りました。

古建築見学研修会、概略日程のお知らせ

今年度の古建築見学研修会は、奈良を中心に以下日程にて実施致します。
3月7日 東大寺境内(戒壇堂/転害門/南大門/金堂/二月堂/三月堂)
3月8日 唐招提寺/薬師寺/法隆寺
3月9日 飛鳥方面(飛鳥寺/橘寺/岡寺/石舞台古墳など)
3月10日 十輪院/朱雀門/海龍王寺/不退寺/春日大社
上記は主な見学場所。今後修正もあります。
参加者、募集中。(1月27日〆切でしたが、追加募集中)

建築学系、バスハイクの実施報告

9月22日(木)、建築学系では理工学基礎演習の一環としてバスハイクを実施しました。
例年4月~5月に行われていますが、今年は東日本大震災の影響で、順延せざるを得ませんでした。
今回は、日建設計で両建物の設計に携わった、山梨氏に同道頂き、設計に関わる生の声を聞かせて頂きました。
来年以降、これに影響を受けた学生が、設計課題で(構造的な根拠のない)すごい片持ち梁を作る姿が目に見えるようで怖い。