7月以降の授業について

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除され、都内における感染経路が不明な感染者が減少していることを受け、本学では7月から実習、実験、演習の一部科目につき、対面授業の再開が検討されています。

建築学系では以下の科目で対面授業の実施申請を行っています。現在大学の方に申請中ですが、決まり次第対象科目のmanaba、学系HPにて連絡いたします。
なお、これ以外の科目は7月以降についても対面授業を開始できる見通しは現在ついておりません。

対面授業検討科目
・建築基礎演習
・デザインの表現A
・設計スタジオⅠa
・設計スタジオⅢ
・建築環境工学実験
・ゼミナールA
・卒業研究
・修士研究

南教授が換気シミュレーション・プロジェクトに参画しています

南泰裕教授が神戸商工会議所からの委託を受け、同所が主催する「換気シミュレーション・プロジェクト」に学識経験者として参加し、新型コロナウイルス対策への建築的提案を行っています。
また、同研究室に所属する尾崎賢さん、田嶋海一さん、林大雅さん、古川直也さん、山口尚哉さんがプロジェクトメンバーとして活動しています。

【本学HP掲載記事】
https://www.kokushikan.ac.jp/faculty/SE/news/details_14821.html

【神戸換気シミュレーションプロジェクト】
https://kobe-bizmatch.jp/exsupport/vpro/