「住宅課題賞2022」に出展

東京建築士会主催「建築系大学住宅課題優秀作品展2022」に本学3年 山本緩奈さんが設計作品を出展します。
(作品は、昨年制作した「設計スタジオ1a(2年必修科目)」の住宅課題です。)

期間:2022年11月17日(木)~ 11月30日(水) 10:00 ~ 17:30
土曜・日曜・祝日休館(11月19日(土)は休館となります)
会場:ギャラリーエークワッド(江東区新砂1-1-1 竹中工務店東京本店1階)
入場:無料
URL:https://tokyokenchikushikai.or.jp/award/index03.html

公開審査:Zoomウェビナーによるオンライン配信
11月19日(土)13:00~17:30 要申込。

詳しくは、上記サイトをご覧ください。

位田先生の研究が住友財団の2022年度環境研究助成に採択

位田先生の下記の研究が、公益財団法人住友財団の2022年度環境研究助成に採択されました。

課題名:廃木材を用いた3Dプリント内装建材に関する基礎的研究
研究代表者:位田達哉(国士舘大学理工学部・准教授)

共同研究者:梅津信二郎(早稲田大学創造理工学部・教授)
助成金額:160万円
研究期間:2022年11月~2023年10月

公益財団法人住友財団のWebサイト。
http://www.sumitomo.or.jp/

位田ゼミナール他「デザイン学生シンポジウム2022」に参加

「デザイン学生シンポジウム2022」に建築学系の3年生、及び2年生が参加します。

名称:デザイン学生シンポジウム2022「輝く未来に繋がるデザイン」
日程:2022年11月12日(土)12:00~16:00
メイン会場:大阪デザインセンター

<本学参加者>
国士舘大学理工学部建築学系位田達哉ゼミナールの3年生、及び2年生

参加申込はPeatixよりお願いいたします。
https://gakusei-shinpojiumu2022.peatix.com/view

2022楓門祭ゲート制作

2022年度楓門祭ゲート(中央図書館前)を建築学系有志が制作しています。

 

夏休み前から計画を立て、9月にデザイン案完成。模型を作りました。

模型写真

この模型が、10月31日朝。このようになりました。

本日(10/31)の作業は床面接合と糸張り。現在制作中です。

 

楓門祭(11/2~3)でのゲートの様子です。
制作した4年生が来場者に説明したり、南先生と大井先生がYoutube動画用の撮影を行いました。

 

この楓門祭ゲートは、11月10日(金)まで、この場所で展示しています。
制作した建築学系有志の作品をぜひ見に来てください。

 

Youtube「国士舘建築」チャンネル(https://www.youtube.com/channel/UCwVGjIFO5FH4pApNh2Zf8ew/videos)には、ゲート制作の模様がUPされています。こちらもぜひご覧ください。

南研究室「IUW2020 小布施国際避難民村計画-自立と共生の建築的提案-」に参加

本学系南 泰裕研究室が、IUW2022「小布施国際避難民村計画-自立と共生の建築的提案-」に参加します。

8つの建築系の大学・大学院チームが、小布施町にある県営住宅跡地に、町が国・県と連携しながら、国内外で今後ますます増えるであろう避難民・避難者を受け入れるヴィレッジを建設して、そこを拠点に彼らと町民が一緒になって自立と共生の未来を切り拓く姿を描き、建築的に提案する展示とシンポジウム(http://iuw2022.com/ より。)

展示:2022年11月4日(金)-11月12日(土)
小布施町立図書館まちとしょテラソ 壁面ギャラリー

シンポジウム:2022年11月13日(日) 13:00-17:00
小布施町北斎ホール

詳しくは、IUW2022のWebサイトhttp://iuw2022.com/をご覧ください。

日本建築学会グローバル化人材育成プログラム受賞

日本建築学会が主催する「第 6 回 日本建築学会グローバル化人材育成プログラム「世界で建築をつくるぞ!─グローバルな建築デザイン・マネジメント・エンジニアリング分野への入門」 」に位田達哉准教授からの推薦を受けて本学系2年生3名(上田千乃さん、野崎大和さん、本間悠暉子さん)が参加し、各賞を受賞しました。

上田千乃さん:田中亙賞 「日本の公共交通優先型都市開発とその海外展開」
上田千乃さん:田根剛特別賞 「未来の記憶」
野崎大和さん:萩原廣高賞 「気候風土と建築環境デザイン」
野崎大和さん:田中亙賞 「日本の公共交通優先型開発都市TODとその海外発展」
本間悠暉子さん:宮田昌廣賞 「How to Participate in the Overseas Projects?」


野崎大和さん       上田千乃さん、本間悠暉子さん

詳しくは、本大学ホームページの記事「建築学系の学生3人がグローバル化人材育成プログラムで各賞を受賞」をご覧ください。

 

 

先日(10/19)、学長に受賞を報告し、どのような課題だったのか受賞学生が説明しました。

詳しくは、本大学ホームページの記事「建築学系の学生3人がグローバル化人材育成プログラムで各賞を受賞」の中の「佐藤学長に受賞を報告」をご覧ください。

南 泰裕教授「カルチャーラジオ 日曜カルチャー」放送

先日、NHKカルチャー青山教室で本学系南 泰裕教授が講師をされた講座が、
NHK「カルチャーラジオ 日曜カルチャー」で放送されます。

11月6日「世界文化都市 建築さんぽ1 ローマ」
11月13日「世界文化都市 建築さんぽ2 パリ」
11月20日「世界文化都市 建築さんぽ3 バルセロナ」
11月27日「世界文化都市 建築さんぽ4 イスタンブール」

NHKラジオ第2毎週日曜午後8時(再放送:翌週日曜午前10時)https://www4.nhk.or.jp/P1940/

らじるらじる(聞き逃し配信)では、2カ月間視聴できます。
https://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/detail.html?p=1940_01

記事「NHKカルチャーに南教授開講」

南先生 換気シミュレーション・プロジェクトについて執筆(第2弾)

本学の南 泰裕教授が「換気シミュレーション・プロジェクト“科戸の風プロジェクト”」について、クリーン環境と清浄化技術の専門誌「クリーンテクノロジー2022年10月号」に共著されています。

雑誌:クリーン環境と清浄化技術の専門誌「クリーンテクノロジー2022年10月号」
記事:「三次元CO2センサの開発とCFD解析の整合性に関する研究」

芝浦工業大学 西村直也教授、オールド・コーベ・カフェ 石原慎一代表との共同研究です。

2022年「高校生建築アイデアコンテスト」結果について

「国士舘大学 高校生建築アイデアコンテスト2022」への多数のご応募、ありがとうございました。

審査結果は、下記のとおりです。

なお、授賞式については、9月25日(日)のオープンキャンパス時に開催を予定しております。

入賞された皆様(優秀賞・準優秀賞)には、高校の先生宛て(個人応募の場合は受賞者)に郵送いたしますので、お受け取り下さい。詳細については、同封いたします案内をご参照願います。(※佳作の方には、授賞式(9/25)後に賞状と副賞についてのご案内をお送りいたします。)

参加いただいた方全員の今後のご活躍とご健勝をお祈りいたします。
ありがとうございました。

受賞作品は下記の通りです。
◆優秀賞「五感で引き出す無限の可能性」

[審査員コメント]
・可能性を引き出すというコンセプトと五感の刺激を組み入れた点が良い。
・考え、建築計画、表現力がバランス良く整っていることを評価した。
・パースが素晴らしい。子供と自然の組み合わせも良い。
・五感のすべてがあるというコンセプトを抑え込んだ提案だと思いました。
・建築で5感を育むというコンセプトが体現できている。天窓からの日射が気がかり。
・5感の無限大の可能性を表現しており興味深い。もう一歩進めた「6感」も入れると、さらに可能性が広がる気がする。
・遊具のような家で伸び伸び育った子供が、どのように成長をしていくのか期待させる家です。

 

◆準優秀賞「WILD LIFE」

[審査員コメント]
・普段、気にかけないと見過ごしてしまう自然現象に着目し、自然現象と人間の生活を結びつけることで、自然と共に生きる新たな生活空間としての「すべてある」の可能性を提示している。
・自然の感じ方がユニークです。絵も模型もよくできています!
・人の動物面を甦えさせるための外部微気候を感じさせるプランの工夫、またカーテンの描写が風を感じさせてくれる点を評価します。
・コンセプト、表現力が良かった。
・レイアウトのプレゼンがセンスある。
・意識のすべてをちりばめたような作品で、おもしろい。

 

◆佳作「tomb house」

[審査員コメント]
・「死」をイメージすることで、それまでのすべてを包括するコンセプトがおもしろい。地下に建物を埋めることで、「建築」を改めて問う(認識する)試みがおもしろい。手描きもよいがソフト描写だともっと印象が異なると思われ、少し残念。
・タイトルにふさわしい墓石の冷たさが伝わってくるデザイン、鉛筆のタッチが素晴らしいです。
・あえて手描きで描き上げる感性とコンセプトが見事に合っている。この作品感を大切にしていただきたい。
・家とともに人生の「すべて」を過ごし、家とともにお墓になるというストーリーは独創的である。
・難しいテーマを選んだと思います。絵のタッチがカッコイイ!

 

◆佳作「棚壁が表札になる家~住宅の外側まるごと家計画~」

[審査員コメント]
・一目見てワクワクした。段階的に変化していく様子が図面で表現できている。力作。
・外部空間に家を広げていき街を取り込むという柔軟な発想が良い。
・猟師の祖父を前提にした「すべてがある」家、チャレンジした作品と思いました。
・街を住宅に取り込んでいる点が良い。

 

◆佳作「知識を深め科学変化を導く住居~つながり広がる街~」

[審査員コメント]
・シェアハウスと環境系計画を、上手く融合させている。
・それぞれのプラネットで何が生まれるかという期待感があって良い。
・さまざまな知識を交わることができるか試される作品と感じました。

 

◆佳作「束ねる家」

[審査員コメント]
・「すべて」を「総て」としてコンセプトを考えた点、棚田を保存していくためのプログラムを考えた点、棚田の美しい風景が伝わってくるプレゼンが素晴らしいです。
・棚田の風景に調和したパースが美しい。
・都会の暮らしを棚田にそのまま持ってきたようなイメージを抱いたが、「限界集落」に歯止めをかけたい姿勢が見られ、興味深い。
・魅力的なロケーションに惹かれる一方、建築物が没個性。有機的な立地に対する提案が欲しかった。

 

 

このコンテストの応募方法は、こちら(「2022年 高校生建築アイデアコンテストについて」2022.05.16)へ。

 

(追加情報)
2022.09.09 優秀賞と準優秀賞の方へ書類を郵送しました。
2022.09.15 受賞された作品を公開しました。
2022.09.27 受賞作品の審査コメントを公開しました。
予定2022.09.26~09.28 佳作の方へ賞状と書類を郵送いたします。授賞式の模様を公開します。